低地とは?トラブルを避けるためにななみ都市開発を利用しよう

低地に関するトラブルを避けるために、早めにななみ都市開発に相談しましょう。 - 低地を売却するということ

低地を売却するということ

土地を貸してはいたものの、様々な事由によって土地を手放したいとお考えの方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、低地とはどのようなものなのか・売却をするなどという際にはどうしたら良いのかなどについて見ていきたいと思います。
後々のトラブル等を避けるためにも知っておくと良いでしょう。

低地とはどのようなものなのか

低地とは、土地そのものの所有権は持っているものの、借地権を持っている人に土地を貸している状態のことを言います。
このことから、土地を自分の意思で利用することが出来ない状態にあると言えるでしょう。

売却希望者が増えている低地

この低地ですが、今では売却を希望するという方もいらっしゃいます。
理由は、敷地内に建物などがある場合、固定資産税に関しては「建物の所有者」が支払いをすることになります。
しかし、土地の名義は低地の所有者となるために、土地の固定資産税が発生するという事となってしまうのです。
ですから、土地を貸している人に地代は支払ってもらっているものの、首都圏などの場合は土地の価値が高いことから、地代よりも固定資産税のほうが高くなり、結果としてマイナスになるケースも少なくありません。
こうしたケースがあることから、売却をと考える方が増えているのです。

借地権を保有する人と売却するという事

借地権を保有している人の場合、低地の権利者である地主の承諾を得なくては、借地権つきの家などの物件を売却することはできません。
逆に地主の場合ですが、借地権を持っていない人の承諾を得なくても低地を売却することが出来るようになっているのです。
要は、土地は保有していてあくまで貸しているだけの上体といえますから、法律上承諾を得る必要は無いということなのです。
上記はあくまで法律上のことですから、何の通達もせずに売却をしてしまうことで人間関係に支障が出てしまう可能性も高くなってしまいます。
ですので、できれば低地を売却しようかと考えていることを知らせるようにしたほうが賢明といえるでしょう。

生前売却希望者も増えている

地価が高いところの低地を保有しているという場合、自らの死後、家族に相続税が発生してしまうことが大半でしょう。
このことで、生きているうちに低地を売却して相続税の負担を軽くさせたいと考えている地主の方もまた多いようです。
土地の利用権が無くても、所有者であることには変わりはありませんから地域によってはかなりの額の相続税が発生してしまうこともあり、家族の生活を圧迫させてしまうということもあるのです。
生前に売却をしておくことによって、その圧迫を防げる可能性が高くなるのです。

低地の不動産価格を知りたい

esrgea
まずは保有する低地の不動産価格を知りたい。
そのように思われる方もいらつしゃることでしょう。
しかし、こちらにおいてはその土地によって異なってくる部分ですから一概に言えないのです。
不動産価格には、土地の価値だけではなく不動産の価値もつくようになっています。
要は、低地だけの価格ではなく借地権を持っている人の物件もセットになった価格だと考えていただくと良いのです。
また、低地の価格は全体の何割かという部分ついて気になる方もいらっしゃるでしょう。
こちらについてですが、路面図を見ていただくと何割程度が低地権にあるのかが記載されているかと思いますので見てみるとよいでしょう。
おおよその平均は、不動産価格の4割り程度といわれています。

気をつけておきたいこと

先にも触れたように、低地は不動産価格の4割り程度を占めていますが、売却をしようとしたら1割り程度の価格だったという事もあります。
これは、あくまで土地の所有権だけに過ぎず、低地件だけでは土地を自由に活かすことができないのが原因となっているのです。
コレでお分かりかと思いますが、少しでも高く売却をしたいようであれば、借地権を持っている人に売却をするですとか、借地権を持っている人と合同で第三者に売却をするように対処したほうが良いでしょう。

ななみ都市開発ではこうしたケースにも対応してくれる

何が一番得な方法なのか・ベストな選択肢なのか分からない。
そのような場合もあるかと思います。こうした時には、ななみ都市開発に相談をしてみるのはいかがでしょうか。
ななみ都市開発に任せて安心
数ある選択肢の中から、一番の方法を提示してくれることと思います。
方法の提案ばかりではなく、必要となる手続きや高尚なども以来出来ますので、一切を安心して負かせることが出来るのです。

トラブルを避けるためにも利用したいななみ都市開発

自分自身で進めていくことによって、低地権の所有者と借地権の所有者の間においてトラブルに発展してしまうというケースも実際にあるようです。
こうしたトラブルを避けるためにもななみ都市開発に仲介をしてもらうということも検討してみると良いでしょう。
相談受付などはインターネットからも行えますので、取り入れてみてはいかがでしょうか。