土地売買についての必要な手続き

土地売却の際の手続きは難しいのか?手続きの流れと手順をご紹介。 - 土地売買についての必要な手続き

土地売買についての必要な手続き

hrs
不要になった土地がある時にはどんな手続きを行ったらいいのでしょうか。
売りたいと思った土地がどんな値段がつくかということも気になる事ですが
土地を売買する時にスムーズに取り掛かりたいものです。

そんな土地の売却に必要な諸手続きについて紹介していきます。
まず頭に入れて取り掛かりましょう。

 売却の手続きの流れと必要書面

土地は不動産ですが、これを売却することになると法令や金銭上の様々な手続きが必要です。
これは売る土地や売却する相手によって手続きも異なってくるのです。

土地には大小さまざまです。
小さな土地ですと、一戸建ての家などの用地や駐車場などになります。
大きな土地ですと、アパートなどの集合住宅や商業施設になります。

多く見られるケースとして、宅地や建売住宅の分譲用地として住宅メーカーや不動産開発会社等が
査定して土地を購入するという場合があります。

場所、地域の実情によっても違ってきますが、最低100平方キロメートルくらいから購入して
その中には、数千〜数万平方メートルの土地も購入します。

立地条件や環境等がよほど悪くない限りは大概の土地については購入してくれます。

実際に不動産会社に土地を売却するときには、売却を依頼する約束である、媒介契約書を結びます。
その際に必要になってくるものとして、その土地の情報が明記してある土地謄本、公図、測量図等を用意しておく必要があります。

2005年の3月から登記識別情報が採用されたので、権利証といって書面による証明は不要になっていますので
権利証の準備はいりません。

 土地の境界と確定測量の手続き

土地に境界票が無かった場合には有資格に依頼の上、境界立ち合い確認をします。
境界とはどこまでが所有の土地なのかということですが、それには土地の隣地と道路の所有者が立ち会って
境界位置を確認しなければなりません。

その後で土地の面積を確定します。
これには時間がかかることが多いので目安として、2か月〜4か月くらいは見ていた方かいいです。

 売買契約の手続き

その後の不動産会社の活動により、買主が見つかった場合には契約手続きをしなければなりません。
もし、住宅メーカーや不動産開発会社が買主となる時には売渡証明書を求められることがあります。

しかし、これを渡した後でやっぱり気が変わって売るのをやめた。とか別な買主が高く買ってくれるので
そちらに売りたい。ということになると違約金が発生するトラブルとなる恐れがありますので
注意が必要です。

契約の手続きに入っていく時に必要なものは3つあります。

  1. 印鑑です。
  2. 契約書に貼る印紙です。
  3. 手付金の領収書です。
  4. この他にも必要なものがある場合もありますので、それは不動産会社に確認しておくと良いでしょう。

     引き渡しについて

    契約も終わると最後に引き渡しになります。
    通常引き渡しについては銀行などの金融機関で行うことが多いです。

    そこで、登記関係の書類に記名と押印して売却代金を入金してもらった後に
    領収書を発行します。

    土地の売買については、相手方が存在するため自分勝手なことを言ってはいけません。
    よく、契約書や必要書類を読みわからない点をなくし、理解した上で進めていきましょう。

    また、売却をする前に不動産会社等の専門機関に相談をして売買の意志を決定するのもいいでしょう。
    登記関係の書類については、難解な部分もありますので事前に不動産会社や司法書士に尋ねてよく把握しておくようにします。

    【PR】土地売買の前に査定してもらおう

Copyright(C)2016 土地売買についての必要な手続き All Rights Reserved.